大人の授乳室|母乳・巨乳フェチの憩いのデータベースサイト

プールサイド

母乳体験談|プールサイド

2014年01月04日

著作・ジョニー

小学3年から中学1年の時まで通っていたスイミングスクールのインストラクターの先生、(確か初めて会った時は25歳か26歳だった)を思いだします。確か自分が小学5年になったばかりぐらいに産休ということでお休みが続いていましたが小学6年の夏休み前あたりに復帰されてきました。ショートヘアーで顔は誰からも好かれるような笑顔がとても印象的で性格もカラッとしていて明るくスクール生から好かれていましたし、何よりも小柄ながらも巨乳でして幼いながらも先生のワインレッドの競泳水着姿を見るのが楽しみで準備体操はさりげにコーチの前に行きしっかりと巨乳の揺れを楽しんだり、スイミングの指導で平泳ぎをする際に先生の横を泳いで通過する時、さりげにその巨乳に触れたことは無限大にありますし、何よりも一番の楽しみはプールから出たときに乳輪が透けて見えることでした。何度もそれを見ては鼻息を荒くしたものです。

広告スペース

そして先生の待ちに待った復帰の日が来ました。遠くからこちらへやって来るその姿は強烈でした。ただでさえ巨乳が爆乳となっており、遠くからでもその胸の揺れの激しさは鮮明で、目の前に来たときのトレードマークのワインレッドの競泳水着からはちきれんばかりの胸の膨らみが本当に強烈でした。ピチピチの競泳水着に胸は押さえつけられていますが大きさは産休前より更に大きくなっており、水着に生地を突き破るかのような勢いで乳首が立っているのが鮮明にわかりました。ませた同じスクール生達も小声で「でかい、でかい」とささやいているのがわかり妙な嫉妬心が沸いたりもしました。スイミングの指導も先生は自分達の泳ぎを1年半ぶりに見てかなり上達しているので本当に興奮気味でした。一人一人泳ぐのを止めては「上手よ!上手よ!上達してる!すごーい!」を連発。当然、平泳ぎで爆乳を触れることは容易なことでした。久しぶりに触れたそれは以前より柔らかくなっている気がしました。さりげに掴んでみることにも挑戦しましたが、これも成功。グニュッといった感触でした。先生はとにかく笑顔でした。そして時間がきて終了となり先生がプールから上がった時、息が止まりそうになりました。水着から透けて見える乳輪が以前に見たときより大きくなっていました。

その時は、それが何を意味するのかわかりませんでした。とにかく衝撃で頭の中がボワーンとした感じで自転車で帰宅していたのですが、すっかり月謝を払い忘れているのに気がつき、家を目前にして再びスイミングスクールへ戻りました。 ちょうど次の回のスイミング指導がスタートしたため事務局には誰もいなくて困っているところに丁度、先生がそこへやってきて声をかけてくれました。白いTシャツに赤のジャージ姿でしたが、ほとんど水着姿しか見たことがない自分にとっては新鮮でした。先生は、まだ久しぶりの興奮が冷めやらぬといった感じで、みんなの上達ぶりに感激した話や近況を聞いてきました。

自分も久しぶりに先生と会話ができることが嬉しくて夢中になって話をしていましたが、突然あることに気がついて話が聞けなくなってきました。それは、初めは気がつかなかったのですが、先生はノーブラで体にフィットしたTシャツだった為、乳首が段々立ってきている様子でその形が更にわかるようになってきました。先生は、お構いなしに話を続けていました。暫くすると乳首周辺が濡れてきて乳輪の形がうっすらと姿を現しました。全然先生は気がつきません。むしろ構わないといった感じでした。しかも大胆にも話をしながら乳輪周辺に手をあてて濡れ具合を確認したり、両手で手ぶらの様な感じで乳首周辺に何かを確認するかのような仕草をします。水着から透けて見える乳輪とはまた違った興奮がそこにはありました。当然、他の男の先生には見せない姿と思います。顔も耳も熱くなり心臓がどきどきと高鳴っています。そんな自分に気がついたのか先生がいきなり「やっぱ気になる?」と明るい笑顔で言ってきました。

広告スペース
110cmJcup母乳染み出すぴったりコスプレ 吉澤留美

「先生ね、赤ちゃんができてオッパイがでるようになったのよ。でも、もう今は赤ちゃんに飲ませてないけどまだ出るのよ。恥ずかしいわね」といいながらも全く胸を隠す様子もなく笑顔でした。更にとどめをさすかのように「いいじゃん、いつも先生の胸を泳ぎながら触ってるじゃない!みんなHなんだから!」またまた笑顔で言われました。顔から火がでる感じでした。公認だったのです。「あっそれより何してるの?もうとっくに帰ってると思ったのに…」そこで月謝を払いに戻ったことを思いだし慌てて先生に月謝袋を渡そうとしたときあまりの先生の胸や言葉が衝撃で手が震えて渡す寸前で袋を落としてしまいました。先生は笑いながら拾ってくれましたがそのとき胸元がひらいて先生の乳房を数秒でしたが見ることができました。「じゃあ気をつけてね!また次のスイミングがはじまるから」といって胸に手を当てて先生はまたまた笑顔で去っていきました。もう本当にフラフラになりました。

その後も何事もなかったかのように先生は笑顔でスイミング時に先生の胸を無限大に触りたい放題でしたしワインレッド水着の時は透ける乳輪をしっかりと見せてもらいましたが今回みたいな感じで先生とプール以外で遭遇したことはなく、あってもブラジャーをしていたり、もしかしたらブラジャーをしてない感じだと思ってもジャージを羽織っていたりしていました。中学クラスと同時に先生のクラスから卒業となり張り合いがなくなりスイミングスクールを辞めました。最後に先生の水着姿を見たときなんとなく先生の胸も少し小さくなった感じがしましたが忘れられない私の母乳体験です。

広告スペース
関連BBS

[お気軽にご意見・ご感想等どうぞ]

[素敵な体験談がありましたらどうぞ]

[写真・イラストを募集中]

幼稚園外での行き過ぎたパパ友付き合い 上原ひなの
お母さん.com
【Copyright (c) 2005-2013 Tokumori Matsuya】