大人の授乳室|母乳・巨乳フェチの憩いのデータベースサイト

プールサイドの母乳妻

プロローグ

プロローグ

とある街中の一角。
近代的な高層マンションを感慨深げに見上げている一人の男がいた。
彼は別にこのマンションに住んでいる訳でもなく、購入するつもりも無い。仕事の途中でたまたま通りかかっただけだ。
それでは何故この建物に思いを馳せているのだろうか?
実は彼、仙道博人は以前にこの土地に建てられていたスイミングスクールを邂逅していたのだ。
 彼が小学生から中学生の始めにかけて通い詰めていた水泳教室。もう二十年ほど前の記憶である。そのスクールも数年前に経営不振から閉鎖されて取り壊されいまは影も形も無い。
 博人は現在31 歳。社会人になるまでこの土地の隣町に住んでいたが、会社勤めを機に別の土地に引っ越した。外回り営業中に偶然ここを訪れたのだが、何か運命的なモノを感じた。近くに通行人も多数いる中、博人は誰にも聞こえないくらいの小さな声で呟く。
「早紀先生…」
いつも彼の記憶の片隅にあるその名前。
 永遠に忘れないであろう甘酸っぱい想い出。博人にとっては「早紀先生」は大切な大人の女性だった。博人の少年時代の記憶を色鮮やかに残し、彼に大人の世界を最初に教えてくれた愛しき女性。今では彼女の消息を知る由も無いが、彼女の存在は一向に色褪せない。彼は仕事中であるにもかかわらず二十年前の少年時代にトリップしていた。

プールサイドの母乳妻 サンプル
プールサイドの母乳妻

価格:¥1,323(税込)

ページ数:102ページ  (※1ページ16行×41文字)

データ形式:PDF

サイズサイズ:18.9MB

ご購入をされる場合

本作品は「でじたる書房」にて販売しております。ご購入の際は下記のボタンより販売ページへ移動してください。

でじたる書房で購入する

広告スペース

関連BBS

[お気軽にご意見・ご感想等どうぞ]

[素敵な体験談がありましたらどうぞ]

[写真・イラストを募集中]

幼稚園外での行き過ぎたパパ友付き合い 上原ひなの
お母さん.com
【Copyright (c) 2005-2013 Tokumori Matsuya】