大人の授乳室|母乳・巨乳フェチの憩いのデータベースサイト

母乳モデル妻 朱美

第一話『勧誘されて・・・』①

第一話『勧誘されて・・・』①

「すみません、ちょっといいですか?」
美坂朱美が声をかけられたのは公民館のクーラーの効いたエントランスをくぐり真夏の生暖かい空気に包まれてすぐの時だった。
「はい?」
朱美は声の方を向くと首からカメラを提げた青年が、軽いお辞儀まじりで頭に手をやっておずおずと近づいてきた。
(ナンパかしら…?)
黒い髪にはっきりした眉の下におとなしそうな瞳。
風貌は二十代前半。
中肉中背の体躯をデニムシャツとコットンパンツで包み、たすきがけのカバンを後ろ腰にまわしている。胸の下で揺れる高価そうなカメラをおさえる左手には銀フレームの時計が涼しげな光を放っていた。朱美は悟られぬように相手の雰囲気をさりげなく見取ると改めて男を見つめなおした。
(身なりはキチッとしているし、変な人じゃないみたいね)
朱美の元スチュワーデスの勘がそう告げると同時にかつて接客でならした癖がでた。
目元は相手に角が立たない程度に見据え気味に、かといって相手に角をたてないよう口元は引き締めず心持ち柔らかに。
制服を来ていた頃と寸分違わぬこの表情で言葉を待つと相手はどういった用件であれ事務的にならざるを得ない。予想通り男は何か言い出そうとした口をつぐみ、おずおずと傍にあった公民館の掲示板に張られた張り紙を指差した。
「こちらの教室に参加されている方ですよね?」
“ヨガ教室”
指をさした掲示物のなかで青い台紙に丸字のゴシック体で大きく書かれた張り紙があった。

広告スペース

つい今しがた練習を終えたばかりのヨガ教室の生徒募集のポスターだ。
「ええ、そうですけど」
「ああ、やっぱり。どうりで健康的にスタイルがいい人だと思った」
男は呟くように声を上げて笑みを浮かべると懐から名刺を差し出した。
「自分はフリーのカメラマンなんですけど」
後々になってつき返すわけにもいかないので朱美は名刺を受け取らずに男の手を覗き込む。透明感のあるエメラルドブルーに白抜きの文字で“くらせ まさひさ”と氏名が書かれている。前職業柄、いろいろと名刺を頂戴していたので、ひと目でそれがコストのかかったものと分かった。あえて氏名が平がなになっているのはひと目で名前を覚えてもらおうという業界にありがちな工夫だろう。
「何か用でしょうか?」
朱美は名刺から倉瀬を見上げると彼は子供を連想させる人懐っこい笑みを浮かべた。
「実はモデルを探してるんです。もちろん、いかがわしい者ではありません。あの、それで・・・」
そういうと倉瀬はカバンからクリアファイルにおさめた雑誌の切抜きやカラーコピーの紙片を引っ張り出すと朱美にさし出した。
気のせいか倉瀬の顔からは先ほどまでの緊張が消え、どことなく無邪気に夏休みの課題を自慢する子供っぽさを感じさせた。そのせいか既に左手に持った名刺と空いた片手でファイルまで持たせるのも気まずく、朱美はそっと薬指のリングをはめた手でファイルを受け取った。
記事の内容はサマードレスの特集で、南国の浜辺やヒマワリなど一目見て夏とわかる背景の前でモデルが笑みを浮かべてドレスのすそをいたずらっぽくひるがえしている。線の美しい白い手足を伸ばすモデル。上品なデザインのシルクに健康的な小麦色の肌を包むモデル。

白い八重歯を見せて笑う口元は女性を代表したような自信に満ちているようにさえ見える。
「こういう雑誌関係で秋口の洋服のモデルの肩を探しているんです。最近の広告ではですね、」
せっかく捕まえたモデル候補を逃すまいと懸命に説明する倉瀬に朱美は計らずも心のどこかをくすぐられた。
カメラマンという肩書きを目にした時点でモデルの依頼は予想していたが、こうして熱心に自分に興味を抱かせようとする若いカメラマンを見つめていると朱美は久しく忘れていた“笑み”を浮かべようとする唇を引き締めた。
その“笑み”は今、倉瀬の小さな爪のついた指がさすモデルと同じもの。かつては自分も振りまいていた若い女性を謳歌する笑みだった。
(なんだか懐かしいな)
今の自分と照らし合わせようとする自分に目をそらし朱美は倉瀬の話に相槌をうった。
「あの…」
自分の関連した仕事や会社の話をひとしきりすると、倉瀬が顔上げて自分の瞳を覗き込んだ。
「外じゃ暑いですし、もしお時間があるなら近くの喫茶店なんかでお話させて頂けませんか?」
―10分後
朱美は近くのカフェで倉瀬とテーブルを挟んでいた。
「あの、本当にケーキとかいいんですか?お昼も過ぎてるし、なんでしたらランチとかもとりますよ?」
「いえ、さっきヨガでせっかくカロリーを消費したので、お気遣いなく」
今しがた注文したアイスコーヒーがテーブルに運ばれてきたところ、メニューを勧めてくる倉瀬に朱美は苦笑して遠慮する。夫以外の男性にこうして、ちやほやされるのは久しぶりだった。
相手を不安にさせまいと倉瀬の懇切丁寧なモデルの仕事の話も心地よかった。

広告スペース

そのせいかコーヒーが運ばれてくるまで倉瀬の説明を聞き入っているうちに朱美は独身時代を思い出していた。
(モデルなんて6年ぶりかしら)
自慢ではないがモデルの経験は初めてではない。
結婚前は自前の整ったスタイルと端麗な容姿を活かしてアルバイトで何度か経験していたし、こうして今も声をかけられる事くらい自分では不思議じゃないと密かに自負していた。多分、結婚前ならにべなく断っていたかもしれない。
そんな風に思いながらも朱美は、そのささやかな女としての自信も今年28を迎えたころからいよいよ、かげりを帯びて来たように感じてもいた。結婚して間もないころは男性から声をかけられることもよくあったし、今だ世界を飛び回る現役のスチュワーデスの友人を介して若い男と食事を一緒にすることもあった。
しかし月日を重ねるにつれて同僚たちとの外出も減り、家庭に落ち着ききった今となってはその自信にかげりを帯びても自然なことなのかもしれない。特に愛娘を出産してからは育児に追われ、街を一人で歩く事が少なくなった。そんな今の自分はかつての自分と明らかな隔たりを感じさせるのだ。
今の生活に不満はないが、悪く言ってしまえば育児に追われた生活は明らかに美貌を蝕んでいた。

母乳モデル妻・朱美 サンプル
母乳モデル妻 朱美

価格:¥1,323(税込)

ページ数:73ページ  (※1ページ16行×41文字)

データ形式:PDF

サイズサイズ:13.6MB

ご購入をされる場合

本作品は「でじたる書房」にて販売しております。ご購入の際は下記のボタンより販売ページへ移動してください。

でじたる書房で購入する

広告スペース

関連BBS

[お気軽にご意見・ご感想等どうぞ]

[素敵な体験談がありましたらどうぞ]

[写真・イラストを募集中]

幼稚園外での行き過ぎたパパ友付き合い 上原ひなの
お母さん.com
【Copyright (c) 2005-2013 Tokumori Matsuya】